換気扇Infomation

不調を感じた時は換気扇修理・交換取り付けをお願いする

工事は様々なことを考える

ドライバー

工事は様々なことをきちんと考えることが大事です。特に見積もりなどをきちんと取ることが重要になります。見積もりなどを取っておけば予算の計画を立てやすいという側面があります。大きな工事ということになれば予算などはとても大事なポイントになっていくものであり、予算内に収めるように業者と話し合うということも必要になります。

こうした手間をかけることでお得に工事を行ってもらうことが出来ます。業者側は様々なプランを持っていることが多いです。

修繕は必要になる
修繕をするということは重要です。それは使い続ければ消耗していくからです。特に毎日のように使うことになる換気扇ということになれば、消耗度はとても高いものになります。こうした修繕はとても多くの業者が存在していることからも理解することが出来ます。

見積もりなどをもらうと内訳が書いてありますし、どんなものが必要になるのかも理解することが出来るようになります。業者側の努力でコストを大幅に削ってリーズナブルな価格でサービスを提供してる業者も増えています。


今後の為に

工具

換気扇の寿命は使用頻度、使い方によりますが、おおよそ10年です。
もし古いタイプの物ですと、モーター交換より本体交換する方が安く済む場合が有ります。

そして今後10年使い続ける事を見越した商品を、選ぶ事をお勧めします。
何より新しいタイプの物は、掃除の手間がかなり省けますので、余計な労力が減ります。
汚れを溜め込まない事は、故障原因を減らす事が出来るのです。
修理を期に、新しいタイプの換気扇取り付けも良いでしょう。

換気扇の修理をしておく
換気扇の修理や取り付けをしておくことはとても大きなメリットがあります。取り付け工事をきちんとすることはとても大きなメリットがあります。こうした取り付け工事をきちんとしておくことで後でトラブルになることを避けることが出来るようになります。取り付けをきちんとしておくことは耐久性ということを考えても大きなメリットがあります。

換気扇は住宅には必要不可欠なものであり、きちんとプロに工事を行ってもらうことが必要なものです。


状態に応じて

モンキーレンチ

換気扇の調子が悪いと感じたら、修理依頼の前に先ずは状態を見極めましょう。
どの部分がおかしいのか確認します。
全く動かないのか、異常な音がするのか、羽の回転が異常に遅いのかなど、詳しい状態を確認します。

そして一番に気にして頂きたいのが、油やほこりなどの汚れです。
油とほこりが入り混じった汚れは、非常に厄介です。
掃除がしにくく、溜め込みがちになります。
そして実はこの汚れが、換気扇故障の原因の場合が有ります。先ずは、汚れの確認をします。

修理の目安
こびり付いた汚れは、モーターの遠心力をぶれさせたりします。
これにより、異音や振動が起きる事が有るのです。この場合は、汚れを落とす事によって異常は解消します。

では、修理依頼をするのはどの様な場合でしょう。
例えば、経年使用によりモーターの軸がぶれて、異音や振動が発生。
羽は回転しているが、換気が弱い、換気をしない場合もモーターが寿命の場合がほとんどです。
この様な場合は修理の必要が有ります。モーター交換、もしくは本体の交換となります。


症状と原因について

道具

「カタカタ異音・振動がする」場合は、2つ原因が考えられます。一つ目は、経年劣化によりモーターの軸部分がずれ、擦れてしまうことが原因です。2つ目は、ホコリや油汚れなどにより、回転が妨げられ、遠心力によって回転がブレることが原因です。

「換気扇が動かない」場合は、本体の寿命(通常10年)やスイッチ本体の摩耗・劣化が原因となります。

「回転音が異常に大きい」場合は、モーター内部の劣化で摩耗部が大きくなっていたりファンに付着したゴミなどが原因となります。

修理内容について
「カタカタ異音・振動がする」場合の修理内容は、本体の交換(古い換気扇を取り外し、新しい換気扇を取り付ける)かファンの清掃(ゴミや油汚れの除去)となります。

「換気扇が動かない」場合の修理内容は、新しい換気扇への交換かスイッチの交換となります。

「回転音が異常に大きい」場合の修理内容は、モーター内部の軸の部分に潤滑油(CRCなど)を吹き付けたり、ファンを取り外して清掃したり、ゴミを除去することで解決する場合があります。